宅配の放射能対策比較!

宅配はいいとこどり。と。みつけやさんは思っています。

検査体制、暫定基準値、検査する測定器もたくさんあって、どんなものが対象になっているか。

自分が買えるものはあるのかなど。。。

今後の汚染状況やどんなものが流通しているのか、宅配業者を調べていると

いろんなことが見えてきます。

2011年11月調べですので。電話やネットで問い合わせしたところもあれば、HP参考にしただけのものもあります。実際、買ったり、申し込まれる際は、自分の目で確かめてみてください。情報は日々変わることもありますのであくまでご参考程度で。

 

それと、友人からの情報で、最新情報で変更になった箇所や、取り扱いしている西の食材など、チョコチョコ追加したり、変更したりしていますので、よければ時々覗いてみて下さい。

自主検査体制

 宅配業者

自主検査

自主検査機器(検出限界値)

大地を守る会

NaI(Tl)シンチレーションサーベイメータ(キャンベラジャパン)/NaI(l)ガンマ線スペクトロメータ(1検体210時間の検査 EMFジャパン社10Bg/kg)/ゲルマニウム半導体(キャンベラ社・1020分・15Bgkg

らでぃっしゅぼーや

ベクレルモニター、コンタミネーションモニター

ポラン広場

×

なし

東都生活協同組合

ゲルマニウム半導体(測定時間1200秒~3600秒、セイコー・イージーアンドジー社製 2Bgkg,NaIシンチレーションカウンター

自由テキスト

ゲルマニウム半導体導入予定

安心食材の宅配ならOisix

コンタミネーションモニタによるスクリーニング検査/γ線スペクトル分析装置(510ベクレル/kg)

生活クラブ

 

NaIシンチレーションカウンター(キャンベラ)

グリーンコープ

NaI(TI)シンチレーションスペクトロメータ(キャンベラジャパン)

名古屋生活クラブ

NaI(T1)シンチレーション検出器(日立アロカメディカル社各30Bq/kg10分測定)

ナチュラルハーモニー

NaIガンマ線スペクトロメータと外部機関(Ge)でチェック

外部機関に委託検査しているか

 

外部委託

検査機器

検査機関

大地を守る会

NaIシンチレーションカウンタなど

放射能汚染食品測定室、日立協和エンジニアリング

らでぃっしゅぼーや

ゲルマニウム半導体(3~9Bq/kg

日本食品分析センター・財団法人九州環境管理協会

ポラン広場

ゲルマニウム半導体(1Bq/kg)NaI(Tl)シンチレーション(20Bq/kg)

同位体研究所、つくば分析センター、日本食品分析センターほか

TOHTO CO-OP WEB SITE 東都生活協同組合

×

自社検査のみのためナシ

なし

パルシステム

ゲルマニウム半導体、NaIシンチレーションカウンター(510Bq/kg

日本冷凍食品検査協会、放射能汚染食品測定室、日本食品分析センター、日立協和エンジニアリング

安心食材の宅配ならOisix

ゲルマニウム半導体(1Bq/kg

 自主検査の精度確認のために利用しているとか。ランダムに商品選別して要るという理由もあり、外部機関名は、公表しないそうです。

生活クラブ

生産者の自主検査なため検査機器、検出限界値がまちまち。NaIシンチレーションカウンターなど

放射能汚染食品測定室、同位体研究所、日本食品分析センターほか

グリーンコープ

×

 なし

 

名古屋生活クラブ

NaI(T1)シンチレーション検出器(5Bq/kg10分測定)

同位体研究所、日本食品分析センター理研分析センターほか

ナチュラルハーモニー

ゲルマニウム半導体(1Bq/kg)NaI(Tl)シンチレーションサーベイメーター

同位体研究所、日本分析センター、子供には、1ベクレル/kg以下のものを!」

 

検査体制と取り扱い商品

自主基準。もって欲しいですよね。

いままでにこんなことなかったから、とりあえずの処置として暫定基準に従ってるところもあるけど。やっぱり、10でも50でもどうなの?っておもうし。「3」です。って言われても、なんだか戸惑っちゃいます。

検査体制も、なかなか難しいと思います。全品検査しているからって、測定器の精度はどうなんだろうと思ってしまう。そういう意味で、各宅配業者が、どんなもので検査しているかとても気になりますね。

なにより、これから長期戦の放射能対策。あきらめないで、続けて、できることをがんばって欲しいと思います。

 

検査

自主基準値など

大地を守る会

子どもが食べる頻度が高いと想定される商品の重点検査を実施。ベビーフード、野菜、主食となる米などを中心に測定。

以前は、セシウムで37ベクレル/kgを警戒基準にしていたが、いまのところは国の暫定基準値に基づいて判断

らでぃっしゅぼーや

東北・関東地域の農産物を中心

放射性セシウムの自主規制値(500Bq/kg50Bq/kg)を設定

ポラン広場

検査対象地域は東北・関東および甲信越地方

国の暫定基準値に基づいて判断

TOHTO CO-OP WEB SITE 【東都生活協同組合】

2011年度産 新米全検査、定番(牛乳・たまご・産直青果など)」や「今季初登場」商品を重点に検査

国の暫定基準値に基づいて判断

パルシステム

青果、米、肉等を中心に自主検査。乳幼児が食べる食品、水産品など。

10月より牛乳・乳製品、パルシステムオリジナル商品、水は40Bq/kg、青果、米、肉、卵は100Bq/kg

安心食材の宅配ならOisix

全アイテム検査

震災前の国の基準で定められている、食品における放射性セシウムの値は370Bq/kg 、ヨウ素も370Bq/kg

生活クラブ

一日に120品目(測定器1台で60品目)を調べるために「5分間簡易測定」。規制値の半分の値が出た場合のみ2時間の詳細な測定を実施

自主基準づくり協議中

グリーンコープ

関東から東北地方が対象エリア。エリア以外の商品でも、牛乳など日常的に多く取り入れる商品及びしいたけ等放射性物質が蓄積しやすい商品は検査

グリーンコープの基準ではこれまで通り10ベクレル/kg以下を自主基準

名古屋生活クラブ

福島、栃木、群馬、茨城、千葉、神奈川、岩手、宮城、計8 県農作物・水産品に関して確認

自主基準値協議中

ナチュラルハーモニー

検査対象は『関東圏の全品目』、検査機関の検査証明書PDFで公開

20117月現在、野菜における出荷の基準は20ベクレル/kg

西などの取り扱い商品など

自分や友人が利用しているので聞いたり、HPなどで確認しただけなので、まだまだ埋もれている商品がたくさんあります。実際にカタログをみないと、自分が欲しい商品があるかどうかはわかりません。わたしも、実際、欲しい商品があるか、宅配の人にカタログや説明を受けたりしています。みつけやさんの場合、もちろん検査体制も気になりますが、震災前の原料があるのか、九州産のものがあるかなどチェック。みつけやさんの宅配利用の仕方は「いいとこどり」。主に魚類や調味料、加工品を買っています。野菜セットは、あまり買っていないです。単品で産地が限定されている(ひとつだけ)場合だけ買ってます。欲しいものがないときは、お休み。

 

 

取り扱い商品について

HP検査結果の見やすさ

大地を守る会

震災前主原料の公表、漁場表示、子どもたちへの安心野菜セット、長崎、島根漁場。牛乳は岐阜、島根県。山口県鶏肉加工品、天然醸造品。四万十川のうなぎあり。

A

らでぃっしゅぼーや

肉、卵などの産地切り替え時期を公表、産地限定セット。牛乳三重県、兵庫県島根県あり

A

ポラン広場

魚・魚加工品長崎などあり。北海道野菜セット

B

TOHTO CO-OP WEB SITE 【東都生活協同組合】

鶏肉(山口県)、生きくらげ(鹿児島)、九州産の魚あり、牛肉生産履歴の検索

A

パルシステム

産直牛肉(北海道・九州)、九州産魚。冷凍野菜・肉(九州産)、鹿児島のうなぎあり。

A

安心食材の宅配ならOisix

野菜(九州産、四国産など)、豚肉ラテン豚(チリ)、北海道ポーク、鶏肉(宮崎)、卵(三重県)、カリフォルニア牛。牛乳は岐阜、島根県。バター蒜山。納豆兵庫。さつまあげ(鹿児島)、魚(ニュージーランド、長崎、宮崎)

C        どの検出器で測定したかわかりにくい

生活クラブ

備蓄米、魚(長崎県)、牛肉(北海道)、鶏肉(山口県)、牛肉生産履歴の検索、レタス(福岡)、生産者一覧あり

B+       情報量が多すぎる

グリーンコープ

牛乳(熊本県)、魚介(長崎、鹿児島など)産直豚(西日本)、鶏肉(西日本)、牛(西日本・北海道)。基本西の宅配なので、西のものがほとんど。

B

名古屋生活クラブ

卵、鶏肉(愛知)、牛肉(北海道・三重県)、豚肉(北海道)、冬野菜(愛知県)

A

ナチュラルハーモニー

野菜(宮崎、福岡、熊本県あり)天然醸造品、魚(愛知県、三重県、石川県)、HPに生産者一覧表あり

C+