こどもたちのために避けるべき食べ物

人間は水と食べ物でできてるようなもんだから。
土や空気が汚染され、さらに海まで。。もう、どうしたらよいのかわかりません。
事故が三月に起こったこともあり、海の汚染も定かではなく。
実際どれくらい大地が汚されたことも定かではなく。
とりあえずは、さまざまな知恵のおかげで自己防衛。自己予測しかありません。

 

311以前のものかどうか。
それはどこで採れたのか、つくられたのか。

加工された場所の汚染の度合い(地域)はどうか。
そして、特に、チェルノブイリの悲しい事実を踏まえ、
特に影響をうけやすい食べ物。放射能をとりこみやすい食物。

などは、なるべく避けるようにしたいと思っています。

 

↓の表はあくまで、今の時点での、みつけやさんの食品選びの目安です。

魚も旬の時期や収穫の時期にもよります。製品によっては、外国産のものを主に原料にしているところもあります。例えば、チーズなどは、外国原料も多いですが、遺伝子組み換え飼料を使った牛や、保存料、添加物の問題もありますので、外国だからよいというわけではないことをご理解ください。

これがほしい!これがいる。地域を選ぶのは(西や北海道)やはり自己判断だと思います。

わたしも、大豆は去年のだから、加工品だし、静岡でもいいか ということあります。

本当のところは、数値が明らかじゃないとわかりません。

同じ県域でも、同じ町でも、数値がはっきり分かれているのです。

それは、放射能の通った道。わたしの田舎南相馬の中でも、kmで退避、避難に分けられ、そして、さらに、低いところと高いところに分かれています。まさにたくさん放射能が通った道と、通らなかった道。地域で分けたのは、明らかになっていない状況の中での手探りの結果です。ご参考までに。

追記:2012年3月現在

食品選びも大体、こんなものを選んでいけばいいのか。これは、まだ様子見しておこう。といろいろ試行錯誤です。去年の状況は、降り積もった状態。

それが、雨が降り、川に流れ、土砂は低いところへながれ、高いところにぶつかったものは、真下のくぼんだところに落ち、そして、川に流れる。そして海へ。流れないところはそのままになり、吸収しやすいものは植物に吸収され、微生物、ミミズ、プランクトンを食べた動物の中に濃縮される。去年は、ただ、葉っぱの上にくっついた。今度は根から吸収される。そして、去年は3.11以前の種。。。今年は、、、。

汚染瓦礫、汚染肥料。有機肥料。。。

まだまだわからないところばかりです。

ただ、放射性物質の影響ばかりでなく、遺伝子組み換え、農薬も同じように「ガン」を発生させるリスクを含んでいます。それも忘れてはならないと思います。

特に吸収しやすいものを中心に避けるようにしています。

よく常用、主食にしているものは、産地を同じところにせず、リスク分散しています。

現在のみつけやさんの選びは、個人ブログ「たねのゆめ」で。

 

関連コンテンツ

食べ物の中の放射性物質。処理によっての放射性物質の除去率や牛乳の移行係数など。

2012.5月 

これを絶対食べちゃいけない! というのは、正直どうかなと思ってしまうこともある。

まあ。食べたくなきゃ食べなきゃいいとも思うので、個人判断で

食べなくてすむんだったら、いいかもとは思う。

でも、いろんな自分のおかれている状況や、こどもの状況、

ストレスやらいろんなリスクを差し引きすると、

避けた方がいい食品はあるけど、自分なりの判断で

回数や食べる量、気をつけておくことなどを頭においてバランスよく

調整していけば、絶対食べないということをしなくてもいいのでは。。

と、思ってしまうことも(甘いですかね?)

と、自分なりに、リスクの選択や対処ができるのではと。

 

こんなものがチェルノブイリでは注意ということだったけど、

実際測定したら、地域や汚染の状況で、地域によって全然違うので

今回の事故以後の測定の結果や、3.11以前の測定の結果を参考にするといいと思います。

 

関連リンク

メーカーや市民の測定

 

 

 

 

基本

今後

代替品

注意点

カギ

牛乳・乳製品

牛乳

×

×or

豆乳、ライスドリーム

がん

人によって△(九州・中国・北海道)

チーズ

×or

×or

外国産

 

外国ものもあり△

ヨーグルト

×or

×or

豆乳

乳清はすてる

手づくり可能.

プリン

×or

×or

豆乳

卵・牛乳

手づくり可能.

市販パン

×or

×or

 

国産小麦・脱脂粉乳

手づくり可能.

チョコレート

外国産。脱脂粉乳なしのもの

とりすぎは注意(体が酸化する)。脱脂粉乳

ココアを入れてチョコレート菓子

スキムミルク

×or

×or

外国産

国内産混入

外国産が主

生クリーム

×or

×or

豆乳

脂肪分

豆乳ホイップ(外国産)

バター

外国産や西のもの

 

加工食品。

アイスクリーム

牛乳なしのシャーベットやカキ氷

シャーベットの果汁が国産かどうか

卵・牛乳産地に注意

肉・卵・魚・海草

野生肉

×

×

豆腐などの植物性たんぱく

 

きのこや土を食べる

肉・卵

×

×or

豆腐などの植物性たんぱく、輸入品

汚染エサ

汚染度高い地域の放し飼い×

ハム

×

外国産が主

国産豚国産鳥

 

魚貝

輸入品

とくに太平洋側

漁場による

小魚

輸入品

とくに太平洋側

漁場による

海藻

輸入品

とくに太平洋側

西の方は?○?

野菜・果物

野草・山菜

×

×

 

 

沖縄や小笠原は大丈夫?

きのこ

×

×

輸入缶詰

 

放射能を吸収しやすい 

ハウスきのこ

輸入缶詰

菌床材料汚染、雨水

 

葉物(ハウス水耕)

 

雨水、肥料

 

葉物(露地)

×

×

 

肥料

産地を選ぶ。下処理必要

大根・キャベツ

 

肥料

産地を選ぶ。下処理必要

なす・とまと

△○

 

雨水、肥料

取り込みにくい。ハウス有。 

豆・大豆

×or

輸入品、西

肥料

産地次第(西・外国産)? 

こんにゃく

輸入・粉末

三年で収穫

手作り・輸入

ブルーベリー

×

×

輸入ドライフルーツ(アメリカ)

 

放射能を吸収しやすい

いちご(ハウス)

×or

輸入ジャム

農薬に注意、雨水

 

りんご

×or

×or

輸入ドライフルーツ(アメリカ)

 

産地を選ぶ。下処理必要

ぶどう

×or

×

輸入ドライフルーツ(アメリカ)

 

産地を選ぶ。下処理必要

お茶

お茶

×

×

輸入品、紅茶、ルイボスティー

 

産地、外国品という選択

米・小麦類

小麦

or

or

西・輸入品

胚芽注意。

特に汚染の強い地域を気をつける

産地、外国品という選択

or

or

西、輸入品、小麦

玄米注意。特に汚染の強い地域を気をつける

産地、外国品という選択

雑穀

or

or

輸入品

 

産地、外国品という選択

そば

or

or

輸入品

 

産地、外国品という選択

調味料

マヨネーズ

or

輸入品、ノンエッグマヨネーズ

 

卵がカギ・りんご酢

ソース

or

輸入品

野菜が汚染。

西のものだけのソースあり

岩塩もある。塩は比較的たくさんある

 

海の場所による

サトウ

南に多いのでたくさんある

ビートは注意。北海道はライトグレー。

 

醤油

まだ、原材料が311以前のもので作っている

醸造期間が短いもの、工場の場所に注意

醸造期間が短いもの、工場の場所に注意

みりん

or

まだ、原材料が312以前のもので作っているものもある

醸造期間が短いもの、工場の場所に注意

醸造期間が短いもの、工場の場所に注意

香辛料

輸入品多数

 

国産品が入り混じっているもの注意

料理酒

まだ、原材料が312以前のもので作っているものもある

醸造期間が短いもの、工場の場所に注意

醸造期間が短いもの、工場の場所に注意

or

or

輸入・西

汚染地帯の湧き水

産地次第(西・外国産)?

 

家庭菜園

×or

 

 

肥料。汚泥。収束していない

 

 

□牛乳


まずは、牛乳でしょうか。牛は、牧草だけでなく、土も食べます。特に放牧されている牛は要注意です。チェルノブイリのこどもたちがたくさん甲状腺がんにかかってしまったことを考えると。まずこれを考えます。
特に女の子は男の子に比べて危険度が上がると聞いています。
牛乳は飲まないこと。と、信用のできる専門家は口をそろえて言います。

ちなみに我が家では、長女はもともと牛乳に固執したことがないのであまり飲みませんが、
3才の息子は、一日一回程度の母乳を3月の事故まで飲んでいました。それだけに乳製品を異様に欲しがりました。
事故後、牛乳はチェルノブイリの教訓もあって、牛乳はしばらく飲みませんでした。ただ、3月17日に夫の実家島根に行き、そちらの木次牛乳を飲んでいました。まだ、島根なら大丈夫だろうと。。。でも、今は、その考えもなくなってきました。

小出裕章さんが放射性物質が地球を一周してやってきたということと、島根松江のモニタリングに、微量ながらも確実に姿をキャッチしていたからでした。
九州のロングライフ牛乳も取り寄せしたりしていました。まあ、島根も熊本も似たようなもんでしょうが。

今も、1週間に1本だけ、家族で島根の木次牛乳を飲んでます。本当はやめなければと思いますが、常用しなければ大丈夫かもしれないという甘い判断。。徐々に減らしていく方向です(1本のうち半分はわたしが飲んでます)。
本当は飲まないことに越したことはない。です。毎日、意味あるかわからないけど、昆布はたべさせてます。

***追記:現在は極たまに飲む程度になりました。もうちょっと。現在りんごジュース作戦。

::::追記2:9月より牛乳は飲んでいません。そのかわりオレンジジュース中毒に。。。。肥満。。

 

□ 乳製品→みつけやさんの除去率表、牛乳移行などを参考にしてください
加工されるほど、汚染度は低くなるといわれています。
とはいえ、セシウムは、あまり脂肪分とは行動せず(バターなど)、
チーズや脱脂粉乳に入ってくるということです。
チーズ、脱脂粉乳は要注意です。

 

*牛乳はこんなものに形を変えています!

  プリン。ヨーグルト。チーズ。生クリーム。アイスクリーム。乳飲料。

  バター。カゼイン(安定剤)。無糖れん乳 。加糖れん乳。脱脂粉乳 。

  はつ酵乳 。乳清(ホエイ)。ホエイパウダー。乳糖。

 

*ヨーグルトを食べるとき気をつけること。
  放置しておくと上部に液体がたまる。その液体(乳清)は捨てる。
  その液体に放射性物質がたまるといわれています。

 

*乳清や脱脂粉乳は、パンやお菓子に使われていることが多いので注意しましょう。
とくにチェルノブイリ後、

チョコレート、パン、クッキーなどからセシウムが検出されていました。

□ 肉・魚貝・海草

 

肉の野生ものは要注意です。野生の鳥獣の肉には要注意です。

   というか食べないように!

   肉に関しては、保存期間にもよるのでなんともいえません。
   まだ、311以前のものは流通しているんでしょうか。冷凍するのが主流ですから。

   先日も、南相馬の牛からセシウムが検出されたりして、

   それ以前のものが流通してしまったとか事実確認中みたいだけど。

   南相馬の出身なだけに複雑な気持ち。

   だれが、悪いのか!って。きりがないから言いたくないけど。

   中部大の武田先生は、宝島の8月号で、肉や卵は安心っていったけど。

   このあたりの専門家ではないのに、

   まだ明らかになっていない状態でこれは微妙な発言だなと思いました。

   たしかに、農家の対応(野菜にシートをかけたり工夫して)や、

   地域でも道路を隔てて全然放射線量が場所もあるので一概には言えません。

   でも、おのずと、人間もそうなのに、いくら管理されているからといって、

   家畜は、飼料から、土から、どんどん体の中へ取り込んでいくとわたしは思います。

 

 

肉の加工品は、外国産を使用している場合が多いのである意味安心かな。

 

   肉や卵に関して言えば、汚染度の少ない地域のものを買っています。
   といっても、2週間に1ペンだけだけど。

   最近は、魚卵も出回るのが少なくなった気がします。
   でも魚卵や魚・家畜の臓器類は食べないことをおすすめします。

   やはり臓器に放射性物質が蓄積するのが気になります。

 

卵は、とりあえずは西のほうがいいとは思います。
   中でも、西がいいとはいえ、平飼いが気になります

   卵自体はおいしいけど、やっぱり鳥は土を食べちゃう。

   汚染度が少ない土かもしれないけど、体内に蓄積するのでは?と思ってしまします。
   そういうと、ある意味、西の健康じゃない鳥の卵のほうがよいような気もする。
   しかし、遺伝子組み換え飼料や不健康な環境。それも、問題な気がします。

   補足です平飼いといっても、屋根がある場合もあります。

   とはいえ、まったくの密閉空間ではない。。と思います。 餌の問題もあります。

 

いまや全国に汚染牛や豚が移動しています。
   そのようなこともあり、もともとまじめにやってきた畜産農家や

   出所がはっきりしているものがおすすめです。

  「国産品」というあいまいな表記は、危険です。

 

魚貝。やっかいです。三陸や福島沖はだめです。
   わたしは南相馬の出身で、いままで本当においしい海の幸で育ちました。
   漁師の皆さんの気持ちを思うと泣けてきます。。。
   今や太平洋側(愛知ぐらいまでかな)はボツです。

   北海道も東側は微妙です。
   去年採った冷凍ものは大丈夫だと思いますが。

   そろそろいろんな魚の旬がやってきます。
   関東圏の猟師さんが福島沖でとれたカツオを清水港や高知で

   わざわざ水揚げしたりして。。。

   残念なことをしています。

    産地で区別していくのは今後は困難かと思われます。

   補足!です。2011年7月のたんぽぽ舎の調べだと、静岡より以西はまだ大丈夫そうです。

   三陸のわかめも意外にきれいだと聞きます。一応目安にしてください。

 

   えびなどは、インドネシアなど東南アジアからの輸入が主ですし。

   たこもほとんど輸入。さけも輸入もの。
   こんな事態だから、輸入物はある意味安心になってきましたが、

   養殖のえさが気になります。
   できたらちゃんとしたところのものを買いたいですね。

 

   ちなみに天日干しは避けています。まだ収束していないし。風で飛ぶので。

 

   貝類やわかめ、海藻類は、産地偽装もあるし、悩ましいところです。

   とりあえず、鳴門、五島灘、沖縄あたりは大丈夫かなと。

   しかし、お値段も張るので、こうなりゃまだ韓国産でカバーするかと思っています。
   中国産は、ちょっといろんな問題があるので、中国よりは韓国を選んでいます。
   いつ、日本海側に、おそろしいことが起こってくるのか心配しながら、
   自分で買う時期の期限を決めなければと、毎日毎日考えています。

 

***追記 現在、北海道のシロサケ、さんまなどからも出ています。昆布は大丈夫そうだったけど。今後要注意。新潟沖でもマダイに出ています。川魚、湖の魚。要注意です。

 

:::追記。2012。3月。みつけやさん的にはあんまり根拠はないんですが、セキュリティトウキョウさんのしらす干し(伊勢湾)の検査結果から、三重より東側の魚は注意。海苔なども。日本海側は富山あたりから東側を注意して静観中です。とりあえず、貝は食べていません。西のものも。湖など注意。

□野菜や豆
野菜は、葉物、露地栽培、野草、山菜は要注意です。
外気に触れているもの、屋外の水の中のもの注意です。

放射能を取り込みやすい食べ物は、
危険度高い○葉物野菜(ほうれん草、小松菜など)、大豆。
危険度中○大根やにんじん、じゃがいもなども注意は必要。
危険度中下○にんにくやたまねぎ、ピーマンなどは注意
危険度低い○根を深く張るナスやトマトはわりと安全らしい。


キャベツについてはいろいろな説があり、こちらのブログがわかりやすいのでご参照ください。
わたし的には危険度中下です。
http://blog.livedoor.jp/woo111/archives/51364877.html

放射能を取り込みやすい食べ物の わかりやすいイラスト化したものがありましたので
ご参照ください。イラスト:本谷あかりさん
http://www.creatorsbank.com/portfolio/works/?id=akari_hon&work_id=168913

ハウス栽培、水耕栽培なのか、雨水使用なのかどうかでもちがいますので(産地はやはり西がおすすめです)
野菜は、本当困ります。うちはもともと葉物野菜より、根菜類派だったので、とくに困ってはいませんが。こういうときに限って、なぜだかキャベツが食べたくなるんです。東京で売っているキャベツは、ほとんどが千葉、神奈川。埼玉。きゅうりは、群馬が多い。大根も、千葉ばかり。です。。。

 

追記:2012年3月 これからは根菜類(いも、れんこん、ごぼう)要注意です。根からの吸収。

とはいえ、2008年のデータからみると(チェルノブイリの影響か?)、根菜に限らず、葉物、お茶、脱脂粉乳、穀物。。。などなど微量ながらに全国各地で出ていました。

□きのこ・香辛料・ハーブ

きのこは、大好きです。でも、もう、ハウス栽培もの以外食べれません。露地栽培。アウト!です。どっちにしろ、チェルノブイリの影響がいまだに続いていて、フランスのきのこ(輸入)でもいまだにセシウム検出。311以前の大分だってでてたくらいですから。本当にきのこは根が浅いのに根が深いです。。。
きのこを食べることで、野生の動物たちのからだが汚れてしまいます。
ちなみに、今安心かと思われる菌床栽培も、菌床の「米ぬかやフスマ(麦のぬか)」原料がどこのを使うかによって、汚染度が決まるような気がする。こわい。。。

チェルノブイリでは、ハーブ(野草ですからね。)が強い影響を受けました。
月桂樹の葉や、セージの葉。ドライハーブ。山椒の実や葉。唐辛子もだめでしょうか?ピーマンに近いから大丈夫かな。でも、根は浅いんですよね。沖縄や九州産がありますから大丈夫でしょう。
外国のものは放射線照射の件もあるから、慎重に。

ハーブは、お茶やお菓子に利用する方も多いでしょうから、自家製(泣ける!)のハーブは、いまやご法度です。
そして、国産の精油などもあきらめねばなりませんね。。
すばらしい国産のオーガニック精油。香りもすばらしく。愛用していました。。。

 

***追記 きのこ生しいたけ(ハウス・神奈川)にも出ています。雨水使っていたのかしら?それとも、ほだ木?を外に出していたりしたのかな。。。

□果物・ナッツ
果物。
放射能を取り込みやすいのがベリー類です。
輸入食品中の放射能濃度(平成20年度)によると、ブルーベリーの加工品3検体から54~86 Bq/kg検出されています。ベリー類も根深いのです。。

赤スグリ、黒スグリ、グースベリー、ブルーベリー、クランベリー、クロマメノキ、コケモモなどは注意してください。

梅はどうでしょうか。わたしは、今年は、奈良、愛媛のものが出回ってましたが、梅ジュースを作りませんでした。
野菜と同じ感覚で、花が咲いた前後に事故が起こったのが気になり、

愛媛のが出回っていても梅は買いませんでした。

特に果実類は、加工品が多いので要注意です。

ブルーベリーを使った食品、お菓子には注意が必要です。

そして、ナッツ類。こちらも、かなりチェルノブイリの汚染ではやっかいなものでした。
ヘーゼルナッツ入りのお菓子からかなり検出されていました。
日本では、へーぜるなっつはないけれど、似たようなものって?
くるみ(鬼ぐるみ)、どんぐり、とちのみ、くり、銀杏あたりでしょうか。
どちらにしろ、銀杏は公園ハンターのおじちゃんおばちゃんに需要は高そうですが、
ほとんど輸入品ですし、大丈夫?かな。ピーナッツは野菜でしょうか。。。豆類?千葉だし。微妙ですね。

 

追記:キーウィ、みかん、びわ、レモン、汚染されている地域から結構検出されていますね。

果物は食べる量(まるごと食べる)や皮などを食べたりするので注意してください。

 

□お茶
お茶は、去年のものなら大丈夫だとは思いますが、
もう、新茶が出ていますね。麦茶はまだ大丈夫のような気もします。
お茶の考え方は、↑の牧草の禁止区域と同じように考えています。

同様に、山菜、野草、野菜も同様です。

 

お茶は根強いです。かなり長期間注意が必要です。とくに「三年畑で育ったもの」を利用する三年番茶には要注意。*三年番茶について

□米・小麦・雑穀
主食の問題です。とうとう新米がでてしまいました!(2011.10)

どこのを選ぶかで、

汚染をどう逃れるかが決まります。

また玄米の糠の部分に多く入っているので白米の方がましかも。

一応、うちは2010年度産を玄米真空パック120kgしてあるけど。。。

年末には、買うには買うと思います。
わたし的には、西のお米を選ぶつもりですが

ひとつの地域をたくさんとることは避け、
ばらけながら採るつもりです。
小麦は、かなりチェルノブイリでも根深く汚染されました。主食にしているものですので
なるべく少ないものを選びたいところです。

いざとなったら外国産という考えも出てきますが、

外国産にもいろんないわくがありますので、

慎重に選んでいきたいところです。

 

***追記 みつけやさんは、新米はまだ買っていません。ちょっと様子を見ます。四国、九州でもでていることは、でているみたいですね。

 

□蜂蜜・調味料
はちみつも東北・関東圏は避けなければなりません。
調味料類も、ほとんどが外国産の原料を使っているところが多いので
各メーカーに確認しながら選びたいところです。
特に、ソースなどの混ぜ物。汚染野菜が使われる可能性が高いです。
できれば、食に対してしっかりとしたメーカー(添加物などを使用していないなど)
自主検査をしているメーカーのものを選びたい。

参考資料など

 

世界もおどろく日本の基準値2000ベクレル
http://kingo999.web.fc2.com/kizyun.html

ベラルーシの部屋ブログ
http://blog.goo.ne.jp/nbjc/e/7e8a1bc79206565ac7a832f77a57f4b2

イラスト付「放射能を少なくする食生活」

https://sites.google.com/site/emibatake/home/shokuseikatu

各国の輸出入規制
http://www.maff.go.jp/j/export/e_shoumei/shoumei.html

東京都健康安全研究センター
輸入食品中の放射能濃度(平成20年度)http://www.tokyo-eiken.go.jp/issue/journal/2009/pdf/0

食材通信宅配