豆乳情報・ベルギーの豆乳

豆乳といえば、牛乳に代わる飲み物?!として最近また人気ですが、水の問題大豆の問題がありどこを選べばいいのか今後非常に悩む商品です。

先日新宿の自然食品店や別の高級スーパーで見かけたんだけど、

ベルギー産の有機豆乳もありました。

ちょうど、別の豆乳を買ったので買わなかったのですが、いろんな味があるので、これは、今後いいなぁと思ってたところです。

 

プロヴァメル 豆乳

プロヴァメルは、アルプロ社のオーガニックブランド

め立てや森林伐採がない畑で有機栽培された遺伝子組換えでない大豆のみを使用。

有機リンゴエキスを少し加えて飲みやすくしたプレーン豆乳。

有機ベルギーチョコレートを溶かして加えたチョコレート豆乳。

バナナのナチュラルフレーバーを配合したバナナ豆乳。

 

産直 JAタウン

ふくれんの豆乳。九州産ふくゆたか大豆を使用した豆乳です。

工場も安心の九州工場(福岡の甘木と宮田工場) 。

これなら、いけそう。たまにスーパーで見かけます。味もさっぱりしています。

ちなみに、この「ふくれん」おもしろい商品出してます。

お米は福岡県産「ひのひかり」を使用したお米の飲料「米みる」(バニラ風味)。

原材料は、発芽玄米、水あめ、砂糖、米油、食塩、乳酸Ca、炭酸Ca、乳化剤、香料、安定剤(増粘多糖類)

いづれも、JAタウン(ネットではJAタウンしか売ってない)にてお求めいただけます。ちなみにこのJAタウン結構優れものです(送料は地域が離れるとかかる場合がある)。 いろんな各地(四国九州沖縄北海道などの産直が揃っています!)

 

コープは全然電話いまだにつながらない。。。

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ○AKI○ (金曜日, 14 9月 2012 12:07)

    初めまして、大阪在住のAKIです。
    私もプロヴァメルを愛飲しているのですが、たまたまふと思った事があり検索をしているさなかに、こんな素敵なブログをみつけました。
    本当に素晴らしい、これからもちょっとずつ読ませてもらおうと思います。
    私も情報のシェアをブログでさせてください。

    ところで、これだけお調べになっているので、私の疑問にも少しご意見伺いたいのですが、どう思われますでしょうか。
    プロヴァメル、大変素晴らしくてオメガ3まで入っていていいのですが、
    オメガ3は加熱に弱いですよね。酸化してしまうから。
    今まで、牛乳の代わりの代用品として様々に豆乳を使ってきたのですが、
    そうなるとただ飲むだけだとかまいませんが、例えばお菓子を自分で作る、調理して(シチューや何か)使うとなると、逆に良くないもの摂取していることにならないか??と思ったのです。

    かなり調べましたが、上がってこないのでもしよろしければどう思われるかお聞きしたいです。

  • #2

    mistukeyasan (日曜日, 07 10月 2012 16:05)

    こんにちは。AKIさん。
    こちらの問い合わせアドレスをしばらく確認していなくてお返事が遅れました。すみません。
    いろいろ勉強していますがAKIさんへの回答にはならないかもしれないけど。自分なりの考えを。ちょっと。
    そうですね。加熱すると、いろいろ有効な成分がなくなってしまったりするということはあると思います。
    発酵して、いい成分を得られるもの。生のままで得られるもの。
    加熱することによりそのものの悪いところを取り除いていただくもの。いろんな調理法によって得られるものって違うと感じます。

    大豆自体は、加熱して得られるものだし。豆乳はそこから得られる副産物ですね。できれば新鮮なうちにそのフレッシュさを味わうのがいちばんおいしいと思います。加工して行く時点で、酸化はすすんでいると思うし。

    うちでは、お菓子作りにはたまに使っています。
    豆乳ではなく、ライスミルク(ライスドリーム)や水などに変えたり。

    シチューには使っていないかな(こどもが苦手なので)。

    また、豆乳は単独では体を冷やす性質があるので頻繁に飲むようにはしていないし(以前飲み過ぎてかなり体質が変わってしまって。。)
    豆乳を使ったレシピもたまにと言う感じにしています。
    豆乳を使う際は、一緒に使う食材に気を使ったり、豆乳だけと言う感じではなく、バランス配分に気をつけています。
    大豆のタンパク質は、植物性とはいえ、腸で消化しにくいので一緒にとるものを考えるべきだと思ってるので。

    あまりお返事になっていないとは思いますが、
    加熱によって効果が半減する無くなると言うことはあるかもしれないけど、自分のおいしい! って思う感覚を大事に、摂り過ぎには注意すると言う感じでしょうか。。

    わたしも、情報見つけたらブログでまたご紹介します。
    こんなんで。すみません!