RO(逆浸透膜)がやはり有効らしい

先日の内部被曝の第一人者、矢ヶ崎克馬先生の講演で、水についての話がありました。

先生的には、逆浸透膜(ぎゃくしんとうまく)が効果があるのでは、という回答でした。

逆浸透膜は英語で、Reverse Osmosis Membraneのこと。

よくRO水といいますが、その頭文字をとった呼び名です。

ろ過膜の一種で、水を通しイオンや塩類など水以外の不純物は透過しない性質を持つ膜のことだそうです。

孔の大きさは概ね2もしくは1ナノメートル程度(ナノ→1ミリメートルの100万分の一)という小さな穴で、分子レベルで水をろ過します。

 

矢ヶ崎先生の言葉は、とても率直で、きちんとまっすぐな眼差しをもっている。自分がわからないことには、きちんと正直におっしゃるし。軽はずみないい加減なことは決して言わない。わかることも正直に。きちんとこちら側の思いもきちんと受け止めていてくださって答えてくださるので、信頼できる方だなと思いました。

そして、知ることは、本当に大事だと思いました。

それだけに先生もROなら有効かなって思っているのかなって。

単純明快なわたし。

簡易浄水器を茹で水として使っていたけど。

やっぱ、みつけやさんちでも今後、浄水器ふたたび。。かも。

と、とりあえずレンタルものなど調べてみました。

 

安全水.com 放射能も除去できる逆浸透膜浄水器 こちらは、コーウェイの浄水器です。コーウェイは、浄水器と空気清浄機で有名な韓国のメーカーです。月々のレンタル料が3500円(交換フィルーたー代込み)。最低レンタル期間1年。5年使うと自分のものになる。6ヶ月に一回メンテナンス。

 

● コーウェイ 逆浸透膜 ↑のコーウェイ購入バージョン。購入価格は63000円ほど。

 

MOMOWATER  逆浸透膜式(RO式)浄水器のレンタル 放射性物質も除去可能 こちらもコーウェイのレンタル会社。3500円。 交換フィルター代込み。6ヶ月に一回メンテナンス。

 

アクアクララメトロサービス  宅配のアクアクララ。  1000万分の1mmの極小浄化孔フィルター「RO膜」(逆浸透膜)でろ過。

という、こちらはROのウォーターサーバー。

浄水器の取り付けは不安な方にはおすすめ。

精製後の製品水への残留状況を専門の検査機関に委託し検査 して、分析報告書を公開している。 冷水、温水がすぐに出るウォーターサーバー。電話一本で全国どこにでも。定期的に決まった本数をお届けするサービスではなく、自分のペースで欲しい時に欲しい本数だけ注文。「購入ノルマ」などはなし。