のど風邪には蓮根の粉。

 のどがちょっと痛いな。 風邪かな。

と思うときによく利用しているのが、蓮根の粉末。 そして蓮根の飴。

みつけやさんも蓮根大好き。週に1回はれんこんを食べています。

 

当初、蓮根は、泥の中。。どうなのかなと思いました。

でも、泥は放射性物質を吸着する性質があります。 思いのほか泥側に吸着するのでは? と。

自分勝手な発想で 九州、四国などの西の方の蓮根のみ、いただいています。

根菜類はやっぱり食には大事だと思っているから。

 

で、蓮根。蓮根にはタンニンを含んでいます。

タンニンは、強い止血作用や炎症を抑える働きがあり、のどの痛みを軽減します。

また、蓮根にはビタミンC、ビタミン12、ルチンなども豊富。

気管支、咳、のど、風邪の諸症状に効くと言われています。

 

ツルシマ 香蓮 50g

うちでは、手軽に利用できる蓮根の粉末。 を使用しています。

この香蓮は、山口県のツルシマが作っているものを利用。

素材の蓮根は山口県産です(しょうがは高知県産)。

現在流通しているものは、まだまだ3.11収穫前のものと 電話で聞きました(12月)。

春ごろまでには(3月)切り替えになるのではないでしょうか。

 

追記 2013年 ツルシマの蓮根商品は、山口産蓮根を使用しています。飴に使われているお米岡山県・広島県です。

 

節香蓮 ←蓮根粉末だけなら 

山口県産れんこん節粉末。山口県産蓮根の節の部分を乾燥させて炒った粉末。

 

 

 

昔から、みつけやさんも大好きな香蓮飴↓はったいこを使ってるバージョンが特にお気に入りなのです。なんというか懐かしい味。

香蓮飴(100g)

山口県産れんこんを練り込んだ蓮根飴。国内産米を使用した水飴を煮詰め、香蓮を加えて固めた米切飴。はったい粉は、愛媛県。

 

コーレンキャンディ(れんこんあめ)

国内産米(岡山県・広島県)を使用して作る米飴を煮詰め、山口県産蓮根粉末 国内産生姜(高知県または長崎県他九州産)粉末を練り込んだ砂糖不使用の米切飴

 

ちなみにツルシマ。関係ないけど 玄米 かりんとう もうめえです。

おまけに素材も安心。おすすめです

原材料:

小麦粉(佐賀県または福岡県)・玄米粉(山口県)
食塩(青い海:シママース)・米油(九州地方・中国地方・四国地方)

ツルシマ 玄米 かりんとう 100g

 

蓮根湯の作り方

 

香蓮 3-5g

 香蓮がない場合

  レンコンしぼり汁・・・・・・30-40cc 
 ショウガのおろし汁・・・・・・少々
本葛・・・・・・2gぐらい
醤油・・・・・・少々 (または塩 少々) 
熱湯・・・・・・カップ1杯(150ccくらい)

 

香蓮に自然塩もしくは醤油をくわえて熱湯を注ぐ。

(このままのんでもいいけど)

本葛を2gくらいを水で溶いて、↑に加えて火にかける。

白くすきとおってきたらできあがり。

あついうちに飲みます。

うがいにも使えます。

 

生の蓮根を使う場合。

れんこんを皮ごとする(放射能対応は剥いたほうがいいも? 個人判断で)。

ふきんで絞る。

 

痰が出るような湿った咳が出るようなとき。

のどに炎症があるようなとき向き。

 

軽い風邪のときは、葛湯などをのんだり。りんごの葛煮をしたり。

そういうときは、身体をあっためて、なるべくやすめて消化のよいものを食べましょう。

甘いものは控えます。

 

関連記事

ツルシマのうどん(九州産)