手作りみつろうリップ

こんな時代、ケア用品も心配な時代。

自分で作ったほうが、変なもの使ってないから安心です。

 

わたし、昔から肌が弱いこともあって普段からノーメイク。 若かりし頃は、塗りたくったこともあったのですが、さすがに肌がかゆくなって。

リップやケア用品(傷の手当、虫除けなど)はちょこっと手作り。

特に、リップケアは、食べ物と同じように考えないと危険。危ない成分の入ったリップ用品(口紅も)は、毎日危険物質を身体に取り込んでいるようなもん。食べ物と一緒です。

 

で、リップが切れてきたので補充。

 

材料さえそろえばもう、ほんの10分程度で作業が完了します。

単に、ビンに材料を放り込んで湯煎するだけ。

 

みつろうリップ?の作り方(ちょっとした傷の手当にもつかえます)

 

みつろう・・・・・・・・・5g

キャリアオイル・・・・・・・・・25ml

精油・・・・・・・・・1から2滴

(この量だと、4mlのリップチューブ2本と25mlの遮光瓶ぐらいの量ができます)

みつろう1:オイル5の割合


消毒した(煮沸した)空き瓶にみつろう、

キャリアオイルをいれ、湯煎します。竹串などでかきまぜます。

完全に溶けたら、なべからビンを取り出し、精油を混ぜます。竹串で混ぜます。

容器に流しいれます。そのまま冷めるまで放置→できあがり(一晩くらいがベスト)。

 

ビンは、ジャムビンとかでOK。遮光したいならガムテープで囲めばいい。

保存は冷蔵庫とかおすすめ。夏場やあったかいところは溶けやすいです。

ちょい蜜蝋の比率上げたり。

 

ハレの日は、シルクパウダーとか混ぜ混ぜして肌にたたいています。

なにしろ、普段ノーメイクだから、化粧品を購入しても使わないので、ほとんどつかわないまま、賞味期限???みたいな。本当。もったいない。

ほしい分だけ作れるのが手作りのいいところ。

わたしが利用しているのは、ネットの手作り化粧品材料が手に入るサイト。

容器から、キャリアオイル、精油までほとんどそろってしまいます。↓

 

手作り化粧品のマンデイムーン(徳島のお店)

原産国も書いてあるので安心。

ここでほとんど揃います。

リップのチューブだけのメール便発送もしてくれる(本数によるけ ど)。

オイルだけでなく、粉系、キャンドル材料、石けん材料も。

スタイルデポ ノーザンライトのみつろう

みつろうは、震災前に結構ストックがある。今度買うとしたら

前自然食品店で買っていたノーザンライトのピュアミツロウを買おうと思っている。

オーストラリアだし。みつろうの匂いって癒される。

 

○みつろうについて

みつろうは、ミツバチの巣を溶かし、不純物を濾過しただけの黄色い蝋です。

ミツバチが分泌した蝋。粘りがあり、融点が高く香りがあります。

欧米では、お菓子にも使われている天然のワックス。

キャンドル、ワックス、ハンドクリームなどの化粧品作りによく使われています。

効能は、保湿。皮膚軟化作用 。低刺激。 抗炎症。殺菌など。


*蜂蜜やミツロウには、ミツバチが運んだ花粉にボツリヌス菌の芽胞が含まれていることがあり、その菌により乳児ボツリヌス症を引き起こす可能性があります。

1歳以下の乳児には、なめまわす危険性のある箇所への使用を避けてください。


○キャリアオイルについて

うちは、ズボラなんでホホバ使ってます。長期保存可能。

たまに、ホホバに浸出させてカレンデュラオイルつくってます。


ホホバオイル

酸化しにくく長期保存が可能で、皮膚への浸透性が高く、さらりとしてあらゆる肌質に使えるため、もっとも理想的なキャリアオイルといわれています。

ホホバオイルで作ったクリームなどは、6ヶ月以内に使い切ってください。

 ほかのキャリアオイルで作った場合は、2ヶ月を目安に。

 

ほかのキャリアオイル


小麦胚芽油(酸化防止剤としてほかの油に加える)

マカデミアンナッツオイル(敏感肌・老化防止)

カレンデュラオイル(ポットマリーゴールドの浸出油。ビタミンA、フラボノイドを含み皮膚の炎症・傷の修復・湿疹)もおすすめ。 

 

みつけやさんが使っている定番精油。


○ティーツリー(精油) 

オーストラリアの原住民アボリジニが古くから使っていたことで有名。抗菌・防腐作用が高く、消臭・防虫・殺菌につかわれる。免疫系にも強く働きかける作用をもつ優れた精油です。

○ラベンダー(精油)  

万能精油といわれています。子どもにも安心して使える精油のひとつ。基本的に精油の原液は肌につけてはいけませんが、ラベンダーとティーツリーだけは例外です。効能は、鎮静、リラックス、殺菌、虫除け。

 

ちなみに使う容器や道具は必ず消毒をしましょう。

○煮沸消毒(ガラス瓶など)
大きめの鍋に、保存瓶がすっぽり被るくらいの水を入れて、1520分程度煮沸すればOK! その後、自然乾燥させます。

○アルコール消毒(プラスチック容器など)
きれいに洗って乾かした容器に、余っているお酒(アルコール濃度35%以上 ウォッカ焼酎など)もしくは無水エタノールを容器の中に入れて、振ります。中のお酒を捨てれば、それでOK。自然乾燥。