合成界面活性剤なしの洗剤や洗浄剤のこと

今回は、アレルギーと。私が使用しているものについての

おはなし。ま、個人的な体験談ですので、いいとこどりできたら

いいとこどりって感じで。。。

(追記:この記事の下のコメントまでお読みくださいませ)

 

小さいころからアレルギー体質で、高校のときに冬休みのアルバイトで

ケミカルなものを扱ったので、手がそれ以来洗い物をするたびに

手が荒れて、クリームをつけたり、皮膚科にいったりしてステロイドを処方されたりしていました。20代前半に、手の指にちいさいぷつぷつができて、もうかゆくて仕方ない。

掻いてしまったら、膿が出て、手が本当におそろしいくらいただれるみたいになってしまった。

しょうがなくステロイドを処方され、一時的には治ったんですが、それは見せかけの

治り方。また似たような症状に襲われました。

そんなとき、偶然、自然食品店(昔からめずらしいもの好き)に入って、

界面活性剤(水と油をまぜる役割)が入っていないシャンプーの存在を知りました。

それまで、手に優しいとうたってた洗剤は実は、界面活性剤入りの「合成洗剤」だったのです。

「植物性だから」やさしいと思っていたのですが、実は、全然やさしくなかったのです。

で、まずシャンプーと台所洗剤などを変えてみました。

すると、みるみる手の荒れは改善しました。

それまで使っていたクリームも「植物性」とか、「無添加」といっても肌にはよくないものが入っていることがわかりました。それも「パラベン」が入っています。

パラベンは石油系の防腐剤です。

実は薬事法で「アレルギーなどの皮膚障害を起こす恐れのある物質」として表示が義務付けされているのです。

 わたしは、よくわかんないけど単純だから「パラベン」の表示に気をつける。そして

商品のラベルの「台所合成洗剤」でなく「台所用石けん」を選ぶように気をつけました。

シャンプーも後ろの成分表で「界面活性剤」が使われていないことを確認してから購入するようになりました。

 

そのとき出会ったのは、太陽油脂さんの商品。

太陽油脂さんのパックス ナチュロン シャンプー (PAX NATURON) を使っていました。

そこで、いまだに愛用しているパックスナチュロン ハンドクリームに出会いました。

とにかく、それまでの自分は、手あれをクリームで治そうと必死だったの。

だから「アロエクリーム」とか滑らかなクリームを使って一時的に気持ちよくしていたんだけど、全然症状は治まらない。かゆい。で。で、洗剤もハンドクリームも

これにしたら治まったんです(あくまでわたしの場合です!)。

 

ちょっと自慢?ですが、このパックスナチュロン ハンドクリーム

手だけでなく全身つかえるのですー(笑)。お風呂上りにこれを顔に塗っています(湯上り10分以内!に、ほんのちょっと塗ると肌がずっとぷるぷるです)。

で、パックス好き(太陽油脂)になると、ついついのめりこむわたし。

 

そのまま洗剤も「パックス」シリーズの

パックスナチュロン 純粉石けん(洗濯石けん)を使い始めました。

はじめは、合成洗剤のなごりか、はじめは柔軟剤まで買ってみたけど、

使い始めてみると、界面活性剤なしの洗濯石けんには柔軟剤がいらないことがわかったんです。

あの、洗濯したあとのゴワゴワ感がないんです。ふんわり。

あー、ケミカルな洗剤は、柔軟剤が必要に感じるようにつくられているんだなー

と。その時わかりました。最近は、柔軟剤入りのもいれられているけどね。

あと、使い始めてわかったのは、ケミカルな洗剤は強力な「匂い」をつけるなと

思いました。わたし、いままで匂いに鈍感だったのかもしれない。。

そう思いました。

ケミカルな洗剤は、「白く」するだけあって、強烈な化学成分が入っています。匂いもそれだけに刺激的。頭をアタックするような感じ。

 

ただ、洗濯せっけんは、ケミカル洗剤に比べてすごくきれいに落ちるわけではありません。

ある程度の汚れは、処理の仕方によって落ちるけど、なんでもそぎとるようなケミカル洗剤のような抜群の落ち方はしないと思います。

 

それでもわたしが洗濯石けんを使う理由は、

泥でよごれたようなめちゃくちゃひどい汚れ方や強烈な油汚れ以外は

使っていて問題ない。

それと、身体にやさしい。肌にやさしいという点です。

衣類も、真っ白というかんじにはならないけど、それが

経年の汚れを積み重ねた感じでいい味出してるってわたしは思ってます。

母親には「おまえのところの洗濯は汚い」って言われてるけど(笑)。

でも、わたしは、洗濯が上手なわけではないので(ズボラ)、方法ややり方によって

ケミカル洗剤に負けないくらいの洗浄力になると思います。。。たぶんね(やってないので自信がない)。

 

かなり汚れた場合は、

パックス 500番粉石けん 3kgで洗濯したり、

重曹ペーストをつけておいたり、洗濯石けんのパックス 青ざらし 180でゴシゴシしてます。

それと、 アルカリウォッシュ (セスキ炭酸ソーダ)で洗ってます。

これに布ナプキンをつけおきしたり、昔は布おむつをこれで洗っていました。

十分に溶かせば、石けんかすはつきませんが、石けんの成分が使っている布オムツカバー(ファジーバンズ)につくと撥水してしまうので、これで洗っていました。

もしくは、沖縄生まれの洗浄剤(液体)コズグロを使っていました。

これは、無添加無発泡の「洗浄剤」。環境にもやさしくて汚れが落ちるので便利でした。

ただ、ちょっと高めです。ここは↓激安。

今ならオマケ付♪コズグロ万能クリーナー2000ml【送料無料】

 

炭と塩洗うのもやりましたが、ちょっと長続きしなかった。

あと、ずーっと洗濯機にいれっぱの「ランドリークリーンリング」も使っています。

★数量限定★ランドリークリーンリング【正規品!アメリカで開発された洗濯リング!! 】2年間品...

これだけでも汚れが落ちるというけど、うちは

「アルカリウォッシュ」+「ランドリークリーンリング」か

「洗濯石けん」+「ランドリークリーンリング」にしています。

あと、EMも落ちるらしいです。うちもEMお風呂の残り水使っています。

太陽油脂さんだけでなく、シャボン玉とか他のメーカーのものも結構使っています。

探してみれば(表示をみれば)結構、まわりにたくさんあります。

 

すげえ長くなったので、この続きはまた!

とにかく、こんなことがきっかけ。いまのわたしの土台になっていったんです。

外、外側だけではなく、身体の内側のことも考えなければと。

「食について」向き合って考えていかなければ! と思い始めたんです。

 

ちなみにパックスナチュロンシリーズは、自然食品店だけでなく

宅配(東都生協、大地を守る会など)やコープ、東急ハンズ、ホームセンターなんかでも売っています。メジャーなシャボン玉石けんもいいですよー。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    通りすがりの博士 (土曜日, 24 3月 2012 03:23)

    ここで紹介されているものにも全て、界面活性剤は入っています。
    例えば、「純石けん分(脂肪酸ナトリウム)」と表示されているものがそうです。
    表記から推測するに、
    植物由来の油脂を、水酸化ナトリウム等で中和して、石鹸分を作っているものと思われます。
    そういう意味では、これらの石鹸も、ケミカルなものではあります。

    石鹸が泡立ったり、油分のある汚れを落としたりできるのは、界面活性剤によるものです。

    恐らく、合成界面活性剤は使われていない、とおっしゃりたいのだと思います。
    合成界面活性剤も、植物由来の物に化学構造が似ているものは多く、どれだけ違いがあるかは定かではありませんが。

    ただ、パラベンは、ご記載のように、ベンゼン環が含まれる化合物であって、
    それらと比べると、少し異質かもしれません。

    他のエントリーにも、注記しておきたい記事は散見されますが、
    勉強家の方のようなので、ご自身でも様々な角度から勉強なされて、
    できるだけ正確な情報を発信されるよう祈っています。

  • #2

    mitsukeyasan (土曜日, 24 3月 2012 13:43)

    通りすがりの博士さん

    はじめまして。コメントありがとうございます。
    おっしゃるとおり「合成界面活性剤は使われていない」ということがいいたかったのです。言葉もたりなく、知識不足で申し訳ありません。頭の中ではそう考えていても、言葉に表す時は、正しい使い方をしなければなりませんね。

    コメントいただいて、気づけてありがたかったです。
    なるべくこれから正確な情報をだせるようにこころがけたいと思います。

    通りすがりの博士さんのコメントを訪れた方がみれるように。
    タイトルだけ訂正して、注意書きを追記させていただきます。
    今後も、不注意なところがありますので気になるところありましたら、ぜひコメントお願いいたします。ありがとうございました。