外国産食品の利用の仕方①

福島第一原発の事故が起こってから、日本の農産物、水産物、加工品などすべてにおいて、放射能汚染の心配がつきまといます。

私自身も、こどもへの影響を考えると、どんなに小さいリスクでも怖くて仕方ありませんでした。できるだけ、西のもの、できるだけを目指して食材を探してきました。

とにかく、もしかしたら将来的に影響がでるかもしれない全く見えない匂わない聞こえない放射性物質の影響を少なくしなければならないと考えました。

やがて、さまざまな専門家の書かれた本や情報などを読み、

実際の測定でわかってきていることや、

すでに存在していた放射性物質のリスクをあらためて考えると、

3.11以前からあった、いままで環境に問題にあったものを無視して、放射能汚染のことばかり考えていると、別のリスクに隙を狙われるかもしれないと感じました。

もちろん、その中でも、放射能の与える影響はかなりのもんだとは感じています。

 

農薬、化学肥料、殺虫剤、殺菌剤、ポストハーベスト、合成添加物、放射線照射、遺伝子組み換え、環境ホルモン、ダイオキシン、、、あげればきりがないけど

生活するうえで、これらの有害なものは、あるいみ「がん」とか「ホルモン異常」とかなんらかの病気になるかもしれないってところで、放射能の与える影響と似ているなって、改めて感じました。

つまり、どういうものを選ぶかでリスクは減らせるんですが。

放射能の影響がいまだすべてあきらかでないので

有機農産物や、無農薬のものが食べたくても、堆肥やら濃縮やらいろんな影響もあるので

汚染されてしまった疑いのある地域のものは、こどもがいるわたしにとっては、

手を出しにくい状況です。

 

そんななかで、やはり、3.11以前に選んでいたように、自分なりに

農薬の影響が少ないもの、合成添加物を使用していないもの、少ないものをなるべく選んで買っています(西のもの)。もちろん、完璧!にできているわけではないです。飽食の癖やら、諸事情で、ときどき、ジャンクなものやらなにやら、まあ買ったりすることもあります。そんなこともあるので、普段家で口にするものに関しては、できるだけリスクの少ないものを選んでいます。

 

で、外国もの、結構、5月か6月ころまでは、できあいのおかしとか外国産利用させてもらってました。いまもちょこちょこ利用しているけど。なるべくオーガニックのおかしとか、添加物少なめのを選んでいます。

 

外国ものも、チェルノブイリの影響がまだつづいていたり、いろんな謎の?流通経路とかもあるし、なによりも

収穫後の農産物に、防かび・防腐・発芽防止などのため、農薬を散布(ポストハーベスト農薬)やら、遺伝子組み換え食品、放射線照射、農薬、化学肥料、合成添加物などいろんなリスクが付きまといます。


ポストハーベスト農薬には、ベトナム戦争で使われた枯葉剤と同じ成分を含むものも使用されているものがあり、ガンや遺伝子異常を引き起こしたりするものがあるのです。なんだか、放射能と似ていない?

 

ポストハーベスト農薬が使われている恐れのあるものは、

オレンジ、レモン、バナナ、サクランボなどの果実類、

 小麦、大豆、米、とうもろこし、ジャガイモ、カボチャなどの野菜類、

ナッツなど。。。ほとんどの輸入農産物にはその危険がつきまといます。

 

放射能のこともあるけど、農薬もこわいです。ポストハーベスト農薬は、収穫した後に、

直接農作物に振りかけたり、農作物を薬液の中に漬け込ませたりするので

 畑で使う農薬とまた違って、残留も多いし、染み込んじゃってるの場合も多いと聞きます。

怖いです。

 

それだけに、外国産だから、放射能の影響ないから安全とかっていいきれない。

もちろん、今回の汚染で、世界中にばら撒かれ、とくに北半球、アメリカやカナダ、アラスカの西海岸も汚染の疑いがあります(といっても、日本の汚染されてしまった強い地域よか薄いとは思います)。それだけに、外国産のほうが、安心だわとはいいきれないなと考えています。

なら、ポストハーベストの影響がない日本のもののほうが安全? 放射能あっても? ってこともあるかもしれないけど、これは、人それぞれの選択だと思う。

わたしは、なるべく全体的に、リスクを少なくしたい。できるだけ、旬の新鮮なものからいただける栄養や恵みをいただきたい。と考えています。

 

で、長くなってしまったので、引き続き②につづきます。

②は、外国産で利用しているアリサンの特集です。

ではでは。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ysn4719 (火曜日, 03 4月 2012 17:18)

    こんにちは。宮城県仙台市在住のものです。

    記事を読んでいて、うんうん、と大きくうなずいています。
    よく調べていて、すばらしいHPですね。

    外国製品ならすべて良し!ではないんですよね。
    米国なんかでは、核実験している横に小麦畑があって、
    そこでとれた小麦は輸出用だとか!...。
    ポテトに加工されて(Mというハンバーガー)生まれ変わり、
    日本にどんどん入ってくる。

    25年経っていても、
    ノルウェイ付近ではチェルノブイリの影響で汚染が酷いそうです。
    なのでサバやシシャモもどうだか?、とききました。
    とはいえ、太平洋側の近海よりかは、全くましだと思います。
    まだ汚水を垂れ流しなので...。

    カリウムが多いから採りましょう!酵素だ!
    というバナナやフルーツも、きをつけないと
    農薬づけなんですよね。
    放射能の前は、農薬や添加物の心配をしていましたが

    「変わらないものはなんだろう」と
    原点に返って考えました。
    今は、質のいい外国産のものが一番安全かな?
    と思っています。値段が張るのが難点ですが。

    西のものは、なかなか東北まで北上してきません。
    でも、気の利いた八百屋さんがあり、西の野菜を置いている。
    スーパーでもだんだん西の野菜がはいってきました。
    香川のブロッコリー、菜の花、春菊、四万十のせり、ニラ、
    愛知のキャベツ、等
    同じ生協でも、置いてある店と置いてない店があるんですよ。
    消費者が声をあげているお店には、置いてくれています。

    東北で生きるならもそれなりに選択していってほしい、と
    お医者さんが言っていました。

    みつけやさんを頼りにしていろいろと考えていく
    毎日になっています。
    これからもよろしくお願いします。


  • #2

    mitsukeyasan (木曜日, 05 4月 2012 12:33)

    ysn4719さん、
    わたしも参考になります! コメントありがとうございます。
    いろんなひとのくらしかた、みつけかた、選び方を見たり、きいたりすることで、自分の価値観を考えてみる機会をたくさんいただいて、みつけやさんは、いつも得した気分になってます。
    時々、放射能汚染の情報でショックを受けることも多いのですが、
    自分を見失わないで、その時、じぶんと子どもたちのベストな方向で考えていくことにしています。
    それだけに、頭をつねにやわらかくしておきたい。。(忘れっぽいけど)です!
    それでは、また!