粘土(ガスール)で汚れを落とす!

最近、うちでは、顔を洗うのも、髪を洗うのも、体をあらうのも「ガスール」です。

昔から、ヘアパックとかに時々使っていました。

最近ガスールなわけには、いろいろあるんだけど、

やっぱ汚れが落ちて、肌に優しく、きもちいいから! ってのが大きな理由。

あと、ちょこっと、最近話題の粘土「モンモリロナイト」が放射性物質を吸着するっていうことで、飲んでいる人がいるらしい。

どちらにしろ、いろんな研究から粘土は、放射性物質を吸着するには効果的だと思うので、もしかしたら、髪や体についた放射性物質のほこりを取り除くのには有効的じゃないのかなって思ったから。

モンモリロナイトは、新潟産や山形産が有名。鉱山の地下奥深くから掘り出しているだけに、粘土そのものに放射性物質への影響はないと思う。けど、運搬やら、加工段階が気になる人には不向きかな。

みつけやさんの場合、モンモリロナイトは、こどものおむつかぶれとかあせもののスキンケアに利用していました。粒子が細かいので気に入ってました。ただ、ちょっとお高いので、あまりそれ以外の用途では使っていませんでした。それだけに、実はいまでも、震災前のモンモリロナイト、うちに在庫あり。

 

で、粘土といえば、わたしが使っているのは昔からお気に入りのガスール。

ガスールは、みつけやさんにとっては「おうちエステ」気分になれるもの。

粘土の固形です。粉末もうっている。

モンモリロナイトより粒子はあらいような気がするけど、量的値段的にもお得なので

体洗い関係はガスールをよく使っている。おまけに洗うと、すべすべなのだ。つるつる。

ガスールは、アラビア語で「洗い浄める」という名を与えられた粘土。

ガスールの原石がとれる場所は、モロッコのアトラス山脈のわずかな地域に限られた貴重なものだそうです。


粘土は、もともと暮らしの中のあらゆる洗浄に使われてきました。

日本でも昭和初期までは、その辺の崖にある粘土を使って、洗髪や食器洗いなどに利用していたんですよね。

 

 

みつけやさんも、10年以上前から、ヘナで髪を染めたりするときに使ってました。

ヘナをすると、あー、自分の髪がかなり痛んでいることに気づくんです。髪の毛も日焼けするんだなとか。化学薬品(20代のころはパーマ漬けだったので)で荒れた髪とか、ヘナやガスールで髪を包むと、あー、わたしの髪、頭皮、かなり痛んでたんだなーって思いました。現在は、もう、あまりに白髪が多いからヘナはやめて白髪頭続行中。そのため、ガスールで、癒してあげるようにしています。


去年は、EM活性液を使って頭を洗っていたのですが(これもかなりよい)、冬になると、そんなにEMも思うような発酵しないので、ガスールに鞍替えしました。

EMもガスールも石鹸成分じゃないので、石鹸かすがのこってかゆくなるということが

ないんです。わたしのような肌が弱い人には向いてる。

なにしろ、ガスールは、他の粘土とは違って、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルが多く含まれていて保湿力が高く、汚れを吸着する力が高い粘土。

 

うちの「おうちエステ」最高級は、ガスール「たっぷり」のお風呂につかること。まだ、勇気なくて(高価だから使う量にびびってる)実現していません。。。きっと泥温泉状態。。気持ちよさげ。

そんなわけで、わがやでは、わたしをはじめ、こどもたちの顔やら髪やら洗うのに利用しています。まだやっていないけど、モンモリロナイトとおなじく、歯磨きなんかにもつかえると思う。

 

わたしが使っているガスール。

ナイアード ガスール

ガスール固形(500g) 1,680 円

ガスール 粉末(500g) 1,890 円

ガスール粉末(150g) 840 円

 

粉末タイプと固形タイプがあります。粉末タイプのほうが水に溶けやすかったり、手作りコスメ向き。歯磨きもこっちのほうがいいかな。

わたしは、主に洗髪と体洗いに使うので、固形ガスール(こっちのほうが若干安い)。

お風呂入れてるときに、容器に使う分だけ

固形ガスールをいれて(粉末の場合も)、ガスールの重さ2から3倍の水をいれる。

ちょっと時間おいておくほうがいい感じがする。

おこのみにより、精油を混ぜたりする人もいるみたい。

その場合2から3日くらい冷蔵庫で保存カノウ。つくったガスールは、使いきりを原則にしています。

固形や粉末のままなら、「粘土」なわけだから、永久保存可能。

 

ちなみに使う量は個人の好みで、ヘアパックっぽくするなら入れるお水は2から3倍だけど。

うちの場合、シャンプーっぽく振りかけて使ったりするときは、水の量をおおくして泥水にして使っています。漬けたあと、しばらくしてから洗い流しているけど。ちなみに、シャンプーの場合、ハーブティーや紅茶などを混ぜたりすると楽しめます。ヘナにもよく紅茶やルイボスティー混ぜてやってました。椿油も1滴入れるとgooだったし。

シャンプー以外にクレンジングや全身洗浄、ひげそりなんかにも応用できます。原料は、粘土だけ。保存料も合成成分は無添加です。

 

 

ちなみにモンモリロナイトはボディクレイさんが有名。

放射性物質吸着するということで、こちらを飲んでいる人がいるそうです。(自己責任でおねがいします)

新潟産・モンモリロナイト 粉末 

 

このサイトに吸着のことが書いてあります。個人の判断で。

http://www.yukiwaribashi.com/news/2011/urgentnews2011.html

 

追記:アセモにもガスールなどのクレイ系が有効

モンモリロナイトなどのクレイ系は、有機物(タンパク質)を吸着する働きがある。かゆみの素(タンパク質)を包み込んで、取り除いてくれるみたい。

以前、こどもがアセモでひどくてパウダー系(葛の粉やらこむぎこやら)はたいたけど

一番効いたのがクレイ。ねんどの粉でした。ちなみに、火傷や日焼け止めにも有効じゃないかとおもってます。アフリカの人、よく粘土顔に塗ったくってるでしょ。

 

 

ちなみにヘナについて

以前使っていたナイアードのヘナ

ヘナ モクラン 100g 木藍が入っているから黒っぽくそまる。他にも2種類。

ヘナはネットで安く手に入るところがあったのでそこで買ってましたが、ナイアードのヘナは自然食品店やコープ、宅配などでも取り扱っているので、時々利用。

 

追記**********

 

近頃は、安価で量も多い沖縄でしか取れない琉球泥灰岩(泥)の「琉球クチャ髪洗粉」を使ってます。ガスールのほうが断然ツルツル度は高いですが、量も多いし、安くていいです。

吸着力かなり凄いみたい。手づくりコスメや石けんづくりにおすすめ。ニキビにも効くと言うからやっぱり、汚れを落とす力があるんですわ。きっと。個人的にレトロな絵も好き。

 

【メール便発送可】琉球クチャ髪洗粉 400g

 

関連記事

ツバキのオカラでシャンプー

 

 

 

 

 

【メール便発送可】琉球クチャ髪洗粉 400g

【メール便発送可】琉球クチャ髪洗粉 400g
価格:628円(税込、送料別)