使っている油のこと 身体を酸化させない

からだ作りのためには、身体を酸化させないことがカギ。

強い酸化作用は、DNAを損傷し、がん発症の原因ともいわれています。

ただえさえ、ストレスから、環境から、体が酸化しやすいような現在の状況。。。

そういう意味で、取り入れる食品の酸化を考えるのも大事だなって考えています。

 

身体を酸化しやすい状態にしない油。

そんなわけで、みつけやさんは、酸化しにくい菜種油、キャノーラ油、オリーブオイル中心に、

たまにごま油なんかを使っています。

ごま油は、アクセントと、揚げ物に半分ぐらい入れて使っている。

 

油に関しては、一般的に原料がほとんど国産でないものが多いので、

ある意味、手に入りやすいもの。そして、放射能の事考えると、あまり考えずに済むものかもしれない。

とはいっても、とくに大手メーカーでつくる油は

まず、食用油には遺伝子組み換えの表示義務がないので、遺伝子組み換えの原料を使っている可能性もあり。

それと、もひとつ、ヘキサン(石油溶剤)に種子を入れて溶かして抽出してから、溶剤を化学処理で取り除く「抽出法」が一般的です。

ヘキサンをはじめ、リン酸、苛性ソーダ、シリコーン、クエン酸などを使用しているようです。

石油の中に入れて溶かすって??? 

 このような化学薬品を使うような工程で作られる油は、

はたしておいしいのかな? と、思ってしまう。

 

 実際に、こういうような油で揚げ物をしたときに、そのままズバリ「酸化」を感じます。

大手メーカーの油は、時間がたつと、本当に酸化したような味になるというか、

おいしさを維持できないなーと

(実家やらに帰った時は、お歳暮にもらうこういうような油しかないのでよく思う)。

といっても、やっぱどんな油でも揚げたてはおいしい! と瞬間的に感じるけどね。

でも、その場でおいしいと感じても、

この油で、あとあと、なんとなーく胃もたれやら、揚げ物が苦手とか、お通じの調子が。。

ということもある。。。。

 

油が違うと、料理の味は完全に別のものになると

みつけやさんは、思っています。

素材をいかしきれないというか。

普段使いに、慣れてくると、次第に麻痺してわからないんだけど(それはほかの調味料もそう)、

普段から「いい油」。食品添加物を使用しない工程でつくられる油を使っていると、

臭いからちょっとした炒め物にしても、油がちがうと、こんなにおいしさにひらきがあるんだと感じます。

おかしとかもそう。クッキーなんか油違うとやっぱ、酸化度合いがちがう。

バターとマーガリンとかもそうですよね。わたしも、以前は大豆系のマーガリンとか使ってたりしたけど、いまは、トランス脂肪酸のことや酸化のことも考えて、バターオンリーです。

でも、自分でつくるおかしは、バターではなく、菜種油でつくっています。

 

そんなわけで、みつけやさんは製造工程で食品添加物を使っていない油を使っています。

震災以前は、平出油屋(福島県会津)、米澤精油(埼玉県)、鹿北製油(鹿児島)、石橋製油(福岡)なんかを使っていました。これらのメーカーは、昔ながらの手法や独自の化学薬品を使用しない方法で作っていて、とてもおいしいです。

 

現在は、まだ明らかな状況とはいえず、こどものこともあるので、

国産の菜種を使用しておらず(2013年度から国産を使用し始めています)

遺伝子組み換えの菜種を使用せず、

かつ製造工程でも化学薬品をしようしないものを選んでいます。

普段使いは石橋製油(福岡県・なたねオーストラリア)をメインに

化学溶剤を使用しない竹本油脂マルホン(愛知)の太白ごま油(アフリカ、アジア、南米など)

なども使っています。

さっぱりとした癖のない油で、パスタにも合います。

 

ちなみに、最近は、国産のなたねを基本に買っています。

油には、ほとんど移行しないということなので。

 

 

みつけやさん現在使用の油(2013)

★いまいちばん使ってる油

カホクの菜の花畑 国産なたね油

農薬化学肥料不使用栽培のなたね(鹿児島・宮崎・福岡・北海道)

を使用。なんと、精製は手すき和紙でろ過するだけで、添加物や化学薬品等(苛性ソーダ・蓚酸など)は使用せず。

最近、これで炒め物をすると、すんごいうまいことがわかったので、こればかり使ってます。ちょっとさっぱりしたなたねを使っている人には、癖があるかも。なんで、人によっては、ドレッシングには不向きかもしれん。ブレンドしたりして使ってたりもする。

さっぱりには、カホクの国産菜たねサラダ畑 が向いてる。

なたねの産地は

鹿児島・宮崎・福岡・北海道・青森です。

お菓子とかにいい。もちろんクセがないので万能です。

 

 石橋さんのもきれそうなとき、手に入りやすいので買ってます。

 

☆おすすめの石橋製油

石橋製油 平田の菜種油(菜種サラダ油)1360g

無添加一番搾り菜種油 (無添加サラダ油) 缶 800g/

 

最近は、買ってないけど、揚げ物など。大量に使うときによく缶で買ってました。

☆竹本油脂

マルホン 太白胡麻油 1400g

竹本油脂 白精 450g/白ゴマ油(白ごま油)

 

☆オリーブオイルは、きもちスペイン産を使っています。

オーガニック・エキストラバージン・オリーブオイル 

 

ちょっといいなって思ってる油

創健社 プリンスエドワード島の菜の花油

キャノーラ品種の非遺伝子の菜の花油。製法も化学溶剤を使わない手法。

 赤毛のアンのプリンスエドワード島のものだそう。赤毛のアン好きだけに、プリンスエドワード島という単語に弱い。。。

 

*ちなみに、油については、みつけやさんは

セシウムの移行はほとんどないと考えています。

 

 

関連記事

農林水産省 トランス脂肪酸についての情報

消費者庁 トランス脂肪酸に関する情報

伝統的手法でつくる調味料