手づくりドレッシング+光食品のドレッシング

Eテレの0655のおはようソング。

キムラカエラはよくしらないが、聞けば頭にすんなり入ってきてしまう。

レタス料理のうた。

うちはもともと、うちでつくる料理ろして、生野菜サラダというのはあんまり食べないのだ。

ドレッシングも豆サラダが白菜(これは生かな)、温野菜なんかにしかつかわないかなー。

それも、ドレッシングは、いままで一度も買った奴は「使い切った」ことがないんす。。

無駄。

時々、外食すると、このゴマドレおいしーとか。いう触発がありまして。。。

つい、つい衝動買いしてきたのですが、一度も使い切らない。。

無駄。オイルだし。すぐ酸化するし。開封したらすぐが原則でも。。ちょっと使い切れない。

毎日サラダ食べないし。もともとあんまり使わない。

そういう、わたしには、やはり、即席かんたん手づくりドレッシング。

小学校の家庭科で習ったドレッシングの基礎。

オレンジハウスの基礎ドレ ←見やすい。基本。

 

そう、基礎をもとにすれば結構おいしくできる。

このみで酢をレモン汁にしたり。お砂糖使う時は、自分がよく使うきび糖やらメープルなんかの甘味料にかえて。

うちは、基本和風ドレ1:1:1です。たまねぎドレも好き。あと、マヨ+醤油とか味噌ね。

 

で、でも、めんどい。ってときありますよね。

頻繁に使う人には、市販品はいー。

でも、市販のドレッシングは乳化剤、増粘剤、抗酸化物やらいろいろ添加されてるのだ。

おまけに、その使っている油やら塩やら。おいしい材料でつくっているのかどうか。。。

かなり酸化早そうです。それだけに抗酸化剤が必要なんでしょうね。。

 

で、放射能対応を311直後からがんばってる光食品。

ドレッシングは

「なたね油はN-ヘキサン、リン酸、しゅう酸、カセイソーダ、シリコン、クエン酸等を使用していない圧搾法による純正なたね油(なたねは遺伝子組み換えはしていません)を使用しています。 乳化剤、酸化防止剤、保存料、着色料、化学調味料は使用していません。」(HPより)


 おまけに、光食品のドレッシングが遮光性のあるビンに入っているのは、

抗酸化物などの食品添加物を使わないためだそうです。

遮光ビンだなんてわからなかったよー。そういう細やかなところが光ってすごい。

わたしも、なるべく調味料などもそうだけど、プラボトルよりもビンに入っているものを買っています。

瓶ってだけでも、うれしい。

ついでに光では、ジュース缶などの内面塗料が溶け出して

環境ホルモンであるビスフェノールA(BPA)が出てくるのを防ぐ対策もしている。

そういえば、生活クラブとかもやってたよね。たしか。

大地を守る会もわりと最近からだったと思うけど。

ビスフェノールAが油に溶けだしやすいってこともあって、

 ビスフェノールA不検出の缶とかのメバチマグロ缶(気仙沼で水揚げ。確認してないけど遠洋かしら。。)

缶の印刷部分からもBPAが検出される可能性があるため、

敢えて紙ラベルを使用しているとか。

どっちにしろ、なるべくプラじゃなくてビン。簡易包装とか。

保存容器もなるべく気をつかっていきたいね。


 

光のドレッシング。

和風ドレッシング 200ml

 

有機青じそドレッシング

 

有機胡麻ドレッシング ノンオイルタイプ

 

光の商品別・原材料別 産地一覧 。

 

関連記事

乾燥麹とウスターソース情報

伝統の自然調味料①

 

ビスフェノールAについて 厚生労働省食品安全部基準審査課