続2)こどもに安心なもの*粘土。手づくり粘土など

前回のクレヨンや色鉛筆のつづきでーす。

 

で、粘土のはなし。です。

震災前の話ですけど。思い起こせば、実家(南相馬市原町区)に帰る度、

山の粘土層から粘土を採取してきて

水を加えてどろどろにしてよく遊んでました。

泥だんごつくろうとして。いまでも、うちにその時採取してきた粘土あります。

 

粘土は、うちでは、出来るだけ防腐剤を使っていない土粘土や

蜜蝋粘土などを使っています。

そういう粘土は、世界堂のような画材専門店に行って買ってきています。

陶器の産地の土を使用した粘土が結構売ってるし。

画材屋は、たのしいです。

とはいえ、防腐剤を使用している粘土も多く。

できるだけ材料がシンプルなもの。安全性が高いもの。

自分の暮らし(いろんな都合)に合わせてその都度、選んでます。

土粘土に関しては、乾燥してしまうと、硬くなってしまうため。

作品作りを目的とする場合以外は、

お値段の割には。高いかも知れませんね。

何回か買ったけど、もう、カッチカッチで。

もちろん、市販の油粘土を買う時もあります。

100円ショップなどに売ってる。ヘンなみどり色の油粘土は買いません。

なんだか、防腐剤とかいう前に、ちっともインスピレーションがわかん。

みつけやさんも全く、市販を買わないってわけではないです。

学校が指定で勝手に買ったりすることもあるし。

使用目的、予算や使用する人によって

文具屋にある油粘土(おなじみのはい色)も使うこともあります。

 

ちなみに売っている粘土でおすすめは、

スイスのアルケナのみつろう粘土

素朴な色で、みつろうといえど土っぽくて好き。

ちょっとお高いですけどね。安心できるし。なんだか癒されます。

原材料は、みつろう、ガルバーナワックス、松やに、ワセリン、精製土天然成分のみ。

ルドルフ・シュタイナーがゲーテアヌム建築の模型作りに使った粘土のレシピに基づき、
1個ずつ手作りされているそうです。
スイスでは、幼稚園や学校は勿論、セラピーにも使用されています。

また、プロの建築家や造形アーティストなども愛用。

 

前回もクレヨン等で紹介したシュトックマーのみつろう粘土

も すてきで(こちらはろうそく作りに使ったりしていて)。

うちのこどもたちには、わりと不向きだったのです。

このねんどは、握っているだけで癒されますー。

匂いもいい。

いろもいろいろあって。ステキ。

でも、かなり1枚、ちいさくてお値段も高いので。我が家では、あまり長続きしなかったなー。

 

で、日持ちはしないんですが。

小麦粉粘土。作ったりすることもあります。

写真の粘土です。

小麦粉が使いきれなかった時など作ってます。

小麦粉も製粉しているので、賞味期限というか、時間がたつと酸化してしまうので

そんなときは、小麦粉粘土。

アレルギーの方は、ホワイトソルガムイネ科白高きびの一種)や

米粉を使うといいかもしれないです。


ボールに適当(2~4カップ)に小麦粉を入れる。

小麦粉をふるうと玉になりにくいです。

そこへ、塩(長持ちするため)をちょこっといれて(適量ですー)。

水を入れます(ホワイトソルガム 粉の場合は粘りを出すために熱湯がよいそうです)。

白玉をつくる要領で。

モソモソするので、適量油を加えます。油を加えるとなめらかーに。

耳たぶぐらいの柔らかさになる(粘土っぽく)まで、こねる。

 

で、色を加える場合、粉の状態で入れて混ぜておくとよいです。

1カップずつにおおさじ2~3杯程度かしら。

量にもよるけど。多めに入れるのがコツ。

色にする食材にもよるのだけど。

思ったほど、つかないので、多めに入れる。

 

今回は、使い切れなかった(おそらく酸化が進んでいると思われる。。)

むらさきいもパウダー(むらさき~ピンク色)

カレー粉(黄色?)

抹茶

などを使用。

抹茶とむらさきいもパウダーを使ったら茶色もどきに。

 

児童館などでは、食紅を使っていたので(コワイ!赤です。)、

ちょっとそれは、安全なようで安心できないそざいなので。

みつけやさんちでは、野菜などの粉末を利用してます。

そのほうが素朴。

ほかに、

紅麹ココア青汁などの粉末を使用してます。

こねてから、混ぜてもOK。ちょっとマーブルっぽくなるかな。

でも、根気よくこねるといい色合いですよー。

 

うちのこどもらは、粘土でいろんなものつくりますが。

ピザ屋ごっこしてたり。餃子屋ごっこしたりしてる。

ピザ屋のように、指でぐるんぐるんまわしてる。。。

ふだん、たべものでは、遊べないから。練習?にもいいかもね。

 

ちなみに小麦粉(米粉・ホワイトソルガム)ねんどは、ラップに包んで冷蔵庫で保存。

4~5日ぐらい保存可。

すこしでも、ヘンな匂いがしたら腐敗の証拠ですので。その際は捨てて下さいねー。

 

あ、そうそう、かんてん粘土だったけかな?

大地を守る会で売ってたのを買った時があります。

これも、それなりによかったけど。結構ねばーとしてて。

長期間使えるものでもなかったので。1回だけ買っただけ。

 

追記。紙粘土なんですが、紙粘土もつくれます。

そのうちUPしますね。

 

 

関連記事)

こどもにも安心なもの)クレパス・色鉛筆・ペンキ

続2)こどもにあんしんなもの)接着剤・てづくりでんぷん糊